前へ
次へ

上質で割安な定期借地権マンション

ファミリーでマンションを利用するとき、まず賃貸か分譲かの選択が必要でしょう。
分譲であれば資産として持つことができ、将来的に売却できる可能性があります。
分譲には実は2つのタイプがあり一つは土地を入居者で分け合って所有する所有権マンションです。
それ以外に借りた土地にマンションを建設する方法があります。
このマンションは借地権マンションと言われ通常通り販売されています。
新築から50年ぐらいの借地期間が決められていて、その期間が経過すると建物を取り壊して更地にして所有者に返します。
所有権マンションは取り壊したとしても一応土地の権利があるために、建物を壊しても一定の資産が残るでしょう。
借地権マンションは利用できる期間が決まっているので、同様の立地のマンションよりも土地の価格分安く販売されます。
そして住宅ローンや修繕費の他に借地料の支払いがあります。
それでも負担額は所有権マンションより大幅に下げられます。
借地期間終了までであれば売却もできるでしょう。

Page Top