前へ
次へ

分譲マンションは管理体制がどうなっているか確認

分譲マンションを購入すると専有部分と共有部分が出てきます。
専有部分はある程度自由に使えますが、共有部分は入居者が共同で使うところになり、特定の誰かが掃除をしたりするわけではありません。
そこで共有部分に関する管理が必要になるため、管理組合を設けて管理をするケースが多くなります。
では管理組合は誰が運営をしているかですが、新しいマンションだと多くは管理を専門的に行う会社に全面委託しています。
共有部分の掃除以外に共益費の管理や修繕金の管理、修繕の計画などもすべて行ってくれます。
その代り管理会社に支払う負担金が必要で、共益費の中に含まれた形になります。
その他に全部を入居者の代表が行う自主管理と一部を外部に委託する部分委託があります。
自主管理は基本的に入居者全員での管理になり、役員など面倒な役割が回ってくる可能性があります。
正常に機能している管理組合もあればしていないところもあるので、中古物件を買うときには注意が必要でしょう。

Page Top